4月21日(日) | FactoryArtMuseumTOYAMA

哲学カフェinミュージアム Vol.12 『天皇とはなにか?』

「哲学カフェinミュージアム」で語り合いませんか? 今回のテーマは「天皇とはなにか?」です。
受け付けしました
哲学カフェinミュージアム Vol.12 『天皇とはなにか?』

日時・場所

2019年4月21日 13:00 – 16:00
FactoryArtMuseumTOYAMA, 日本、富山県高岡市福岡町荒屋敷525-9

イベントについて

テーマ:「天皇とはなにか?」

今年の5月1日に新天皇の即位が迫ってきました。

その直前に「天皇とはなにか?」について考える哲学カフェを開催させていただくことになりました。新しい元号はすでに4月1日に発表されるようで、新天皇の即位をめぐる報道が盛り上がっているのではないかと予想します。

そのタイミングで「天皇とはなにか?」について考えることはとても有意義であると思います。世の中のムードから一歩退いて、様々な角度から深く考えて、穏やかな雰囲気の中で語り合うことは思考を磨くこの上ない機会になることでしょう。

「天皇とはなにか?」は、歴史的にも検討することができるでしょうし、宗教的にも検討することができることでしょう。前月に「宗教とはなにか?」で深めた内容を、「天皇とはなにか?」に敷衍することができます。

日本国憲法では「天皇は日本国民の象徴である」とされていますが、まさに天皇を知ることは日本人を知ることに繋がります。天皇が日本人を有り方を表しているといえます。私たち自身のことを知るためにこそ、天皇を理解することが重要になってきます。

このように、様々な角度から天皇を論じることで、思わぬ自己発見にもつながるのではないかと期待しています。

【哲学カフェ】inミュージアムで語り合いませんか?

場所は町工場の一角にできた、メタルアートを展示している

#FactoryArtMuseumTOYAMA の2Fです。

開催日:2019年4月21日(日)

時 間:13:00~15:00

参加費:¥1,000 (当日払い)

     ミュージアムもご覧いただけます。

講師:

野末雅寛(のずえまさひろ)

2014年から哲学カフェ in 富山で講師を担当。

1974年富山県朝日町出身。

金沢大学教育学部と京都大学大学院文学研究科修士課程にて

哲学を専攻、ハイデガーなどドイツ哲学を学ぶ。

高等学校教諭一種免許(公民)を取得

このイベントをシェア