3月10日(日) | FactoryArtMuseumTOYAMA

哲学カフェinミュージアム Vol.11 『宗教とはなにか?』

「哲学カフェinミュージアム」で語り合いませんか? テーマ:「宗教とはなにか?」
受け付けしました
哲学カフェinミュージアム Vol.11 『宗教とはなにか?』

日時・場所

2019年3月10日 13:00 – 15:00
FactoryArtMuseumTOYAMA, 日本、富山県高岡市福岡町荒屋敷525-9

イベントについて

テーマ:「宗教とはなにか?」

「宗教とはなにか?」

私たち日本人にとって恐ろしくて、それでいて気になる問いです。「無神論ですから…」とか、「ビジネスでは宗教の話はタブーですから」とか、お茶を濁しているうちに、私たちは宗教に対する見方があやふやになっています。

日本には、アニミズム的な信仰があるからいいのだ、北陸には浄土真宗の伝統があるからいいのだと居直ることにも確信が持てないところがあるのではないでしょうか。クリスマスのお祝いをした一週間後に初詣に行き、夏には七夕やお盆のイベントをしているうちに、私たちは何を信仰しているのか分からなくなるからです。

「いや、日本はだから宗教に寛容だからいいのだ」と居直ることにも不確かさを感じます。なぜならば、確かな信仰がないことは、一つの神を信仰する人の気持ちを理解することができないからです。ビートルズがかつて"No where man"と称した、「どこにもいない人」となる不確かさがあるからです。

もう一方で、かつて哲学カフェでも話題にした『空気の研究』で著名な山本七平氏が「日本教」というものを取り上げて、日本人を分析しました。私たちにとって影響の大きい日本教から逃れらる人がどれだけいるか分かりませんが、「日本教」という補助線を引くと、列挙した不確かさに輪郭を与えることができる可能性があります。

長々と書いてしまいましたが、一つでも引っかかるキーワードがあれば、ぜひ一緒に語り合ってみましょう。

哲学カフェは特定の宗教を押し付ける場所ではなく、それぞれの考え方が尊重される場所なので、思うところを語り合ってみましょう。

【哲学カフェ】inミュージアムで語り合いませんか?

場所は町工場の一角にできた、メタルアートを展示している

#FactoryArtMuseumTOYAMA の2Fです。

開催日:2019年3月10日(日)

時 間:13:00~15:00

参加費:¥1,000 (当日払い)

     ミュージアムもご覧いただけます。

講師:

野末雅寛(のずえまさひろ)

2014年から哲学カフェ in 富山で講師を担当。

1974年富山県朝日町出身。

金沢大学教育学部と京都大学大学院文学研究科修士課程にて

哲学を専攻、ハイデガーなどドイツ哲学を学ぶ。

高等学校教諭一種免許(公民)を取得

このイベントをシェア